Canvaはウェブサイト上でドラッグ&ドロップで簡単にデザイン・レイアウトができ、画像や動画などのコンテンツが無料で使えるとっても便利なサイトです。(有料プランもありますが無料でもかなりの機能が使えるので最初は無料でいいと思います。) Adobeなどの編集ソフトやアプリケーションがなくても、カードやメニューなどのちょっとした印刷物を作る時や、SNSのコンテンツを作るときなどにも使えるのでかなり便利です。 Canvaの使い方はとてもシンプルです。 基本的には、最初にテンプレートからデザインを選んで、無料画像から写真を選んだり文章を変更したりするだけでデザインが完成します。 もっと自由な感じで使いたい時はテンプレートを選ばずに白紙の状態から手持ちの画像をアップロードして、好きな書体を選んでオリジナルのデザインを作ることができます。 画像や文字要素はドラッグ&ドロップで簡単に動かせますし、ツールバーの使い勝手はワードやエクセルに似ているので多くの人にとって使いやすいと思います。 無料で簡単で自由にデザインができるツールって意外とほかにはあまり無いように感じるのでおススメです。 このページでは白紙の状態からポストカードをデザインしていく流れを例にして手順を紹介します。 目次 アカウントを作るデザインを新規作成画像を配置する文字を配置する背景を入れる素材を入れるその他の便利な機能保存と印刷について 1. 会員登録をしてアカウントを作る まずアカウントを作ります。Canvaのリンクはこちらです。 Canvaに行くとこの画面が出てきます。右上に登録のボタンがあります。 登録方法は3種類です。GoogleまたはFacebookのアカウントからログインするか、メールアドレスで登録します。 メールアドレスで登録した場合はCanvaから確認メールが届くので「メールアドレスを確定」ボタンを押してアカウントを確定します。 2. デザインを新規作成 ログインするとこのような画面に入ります。 右上の「デザインを作成」ボタンをクリックしてメニューを出します。 カスタムサイズから自分の好きなサイズを指定するか、その下のプリセットの項目から作るものを選んでもOKです。 プリセットされている項目には以下のようなものがあります。 動画プレゼンテーション/インフォグラフィック/ ポスター/ プレゼンテーション/ 再開/ ロゴ/ Instagramの投稿 /フライヤー/ パンフレット/ グラフ/ A4文書/ カード/ 招待/ 名刺/ ニュースレター/ 写真コラージュ/ Instagramストーリー/ デスクトップ壁紙/ メニュー/ 本の表紙/ アニメーションソーシャルメディア/ Zoomのバーチャル背景/ 雑誌カバー/ ストーリーズ/ レターヘッド/ 動画/ USレター文書/ 証明書/ レポート/ ポストカード/ CDカバー/ Gift Certificate/ お知らせ/ 手紙/ 計画表/ カレンダー/ Tシャツ/ 提案書/ プログラム/ 練習問題/ コミックストリップ/ ストーリーボード/ Label/ ポスター(横)/ 卒業アルバム/ クラスの時間割 バリエーションがすごく多いです。 プリセットに作りたいものがあれば、サイズなどをすでにセットしてくれているのでそれを使うのが簡単です。 今回はポストカードを例に作っていくので「ポストカード」のプリセットを選択します。 ※ Canvaのポストカードは横向きが基本のようです。 そしてCanvaには向きを変更する機能がないようなので、もしも縦長のポストカードを作りたい場合はカスタムサイズでサイズ指定する必要があります。 ※ 日本の一般的な縦長ポストカードのサイズは 横100×縦148mmです。(郵便局ウェブサイトより抜粋。Canvaの仕様に合わせるなら横105×縦148mmが良さそうです。もしプリントする紙がすでに決まっていればそのサイズに合わせてください。) 3. 画像を配置する プリセットのポストカードを選択してワークスペースに入りました。 左端のツールバーにあるアップロードをクリックして、ファイルを選択するか、画像を素材ボックスに直接ドラッグすることもできます。 アップロードが完了したら右側のポストカードに配置します。ワードやエクセルのように角をドラッグで画像の大きさが変えられたり、画像をつかんでドラッグすると移動することができたりします。 画像をつかんで右側に持ってくるとポストカードに配置できます。 ワードやエクセルのように角をドラッグで画像の大きさが変えられたり、画像をつかんでドラッグすると移動することができたりします。 ※ Shift + ドラッグすると画像を表示させるフレームの大きさを変更できます。そのため小さくすると画像の一部は隠れます。Alt + ドラッグすると中心を真ん中にして拡大・縮小できます。 4. 文字を配置する 次に文字を入れていきます。 左のツールバーからテキストという項目をクリックすると、いい具合にフォントを組み合わせたプリセットがたくさん出てきます。 書体だけでなく、色や影を付けられたプリセットもあります。 ここから好きなものを選んで文章の内容を変えたり、フォントの種類・色・サイズを変えたりすることができます。 プリセットなしで自由に作りたい場合は、一番上の「見出し・小見出し・本文を追加」という項目を選びます。 テキスト編集もワードやエクセルの使い方に近いので分かりやすいです。 まず、文章の内容は文字をダブルクリックすると選択できますので好きな言葉を打ち込みます。次にフォントのスタイリングについてです。 文字を選択した状態にするとフォントに関する白いツールバーがポストカードのすぐ上に出てきます。(以降「白ツールバー」と呼びます。 画像を選択した状態だと画像に関するツールが出てきます。) フォントの種類は、一番左の現在のフォント名の隣の矢印をクリックすると変更できます。 フォント名だけでなくて見た目も確認しながら選べるので便利です。 フォントの白ツールバーはその右側へいくとサイズ、色、太字などと続いていきますので必要に合わせて変更してください。 ※文章を変更すると長すぎて2段になってしまうことがあります。そんなときはフォントサイズを小さくするか、文字の枠を広げてください。枠を広げる場合、文字を選択して文字枠の縦辺の真ん中あたりへ移動すると幅を変えられます。 端っこをつかんでドラッグです。 ※プリセットのテキストの場合、文字がグループ化されているためそれぞれの文字の枠を操作できません。先にグループ解除する必要があります。グループを選択すると白ツールバーの右から2番目にグループ解除するボタンがあります。(ショートカット: shift + command + G でもできます)整えたら再度グループ化するとデザインがずれなくて良いと思います。(ショートカット: command + G) グループ解除後に編集できます。 5. 背景を入れる 背景を入れたい場合は左の黒ツールバーの「背景」をクリックします。 背景はプリセットされている画像を当て込むこともできますし、単色の背景なら色を選んでカスタマイズすることもできます。(※プリセットはマウスオーバーで無料のものは表記が出てきます。表記なしは有料です。) 背景を選択した状態で上に出る白ツールバー・右から3つめにあるドット網のボタンで透明度を変更できます。 6. 素材を入れる 左の黒ツールバーの素材をクリックすると、スタンプみたいなイラストや図形などの素材が配置できます。 この記事では「線」を使って、印刷後メッセージを書き加えられる場所を作ります。 画像や文字の要領と同じ様にサイズを整えたり、色を変更したりします。 オブジェクトを整列させたり、等間隔に配置したりするには、白ツールバーの「配置」をクリックして、メニューを出します。 7. その他の便利な機能 画像、文字、背景以外にもデザインに配置できたり便利な機能として使えたりするものがたくさんあるので、いくつかご紹介します。左の黒ツールバーに表記されているメニューのほかに一番下の「…」(もっと見る)の項目をクリックするとほかにも便利な機能が出てきます。 ■スタイル プリセットのカラーパレットです。色の配色に困った時に便利です。 しっくりこなかった場合はサイトの一番上にあるレインボーのツールバーの「←/リターンマーク」をクリックすると一つ前の操作に戻せます。 ■QRコード 印刷するものをデザインするときにはQRコードなどは何かと使えそうです。しかもURLを入力するだけですぐにコードが生成されてそのまま配置できるのでとても便利です。 ■絵文字 携帯電話やSNSでなじみのある絵文字をデザインに加えることができます。 ほかにもInstagram、Facebook、Google drive、Dropboxなどと連携できたり、 “Pexels” や”Pixabay”などの外部サイトの無料画像をダイレクトに配置できたりするのも便利です。 8. 保存と印刷について Canvaのワークスペースの保存は特に何もしなくても自動的に保存されていきます。そして、デザインが完成した時には、パソコンにダウンロードして保存することができます。ワークスペース上のレインボーのバーにダウンロードのマークがあるのでクリックし、ファイルの種類を選択してダウンロードボタンを押します。 また、印刷物をデザインした時にはCanvaの印刷サービスを活用してダイレクトに印刷を注文することもできます。ワークスペースの上のレインボーツールバーの右端に印刷を注文するボタンがあります。海外で印刷しているみたいですが、日本も配送地域に含まれていますので注文することができそうです。 最終的にこのようなカードがCanvaで出来上がりました。 ...